KEYUCA(ケユカ)のアネッロ 珈琲ドリッパーを買ってみた

2018年11月11日

皆さんは、コーヒーを淹れるときには何を使っていらっしゃいますか?

わたしは、あまりコーヒーにこだわりがなかったので、今までインスタントコーヒーで済ませていました。(汗)

けれども、主人が『たまにはドリップコーヒーが飲みたい』と言うので、コーヒードリッパーを探すことに。

ドリッパーにも色々とあるようで

  • プラスチック製
  • 陶器製
  • ステンレス製

穴も

  • 1つ穴
  • 3つ穴

など、こだわる方は素材や穴の数にもこだわられるようですね。

けれども、わたしの場合は今までが今までですから、さほどドリッパーにこだわりがなく。

いつものように、出しておいても問題のないスタイリッシュなデザインを求めて、ドリッパーを探します。

ということで、見つけたのが『KEYUCA アネッロ 珈琲ドリッパー』です。

KEYUCA アネッロ 珈琲ドリッパー

P1020350

光沢があるステンレス製のコーヒードリッパーは、曲線がとても綺麗で、その美しいフォルムに一目ぼれ。

できれば、つや消しがあればいいなと思ったけれど、生憎、つや消しはありません。(写真を撮るときにどうしても周りが写りこんでしまいますが気にされないでください)

P1020367
穴は1つ穴タイプ。

P1020354

P1020353

おいしいコーヒーの入れ方

P1020356
せっかく買ったのですからおいしくコーヒーをいただきたいと、付属していた「おいしいコーヒーの入れ方」をチェックしてみましょう。

おいしいコーヒーの入れ方

・ペーパーフィルターは、1~2人用を使用してください。
・コーヒー豆は「中挽き」がおすすめです。お好みで粉の分量、挽き具合を調整してください。(洗いとお湯の通りが早すぎ、コクやうまみが出し切れず、細かすぎると苦味や渋みが出ます。)

    1. コーヒーカップやドリッパー、サーバーをあらかじめ温めておきます。
    2. フィルターの接合部分を互い違いに折ってドリッパーにはめ、一杯(お湯120ml)あたり約10gのコーヒーの粉を、表面が平らになるように入れます。
    3. 熱湯をコーヒーの粉全体が浸る程度に少しずつ注ぎ、30~40秒ほど蒸らします。
    4. 人数分のお湯を少しずつ、粉を膨らませるように数回に分けて注いでできあがりです

さっそくコーヒーを入れてみた

P1020375
普段はインスタントコーヒーばかりだったけど、久しぶりにドリップコーヒーを入れてみると、部屋にコーヒーの香りが漂って、少し優雅な気分。

P1020372
KEYUCAのコーヒードリッパーのいいところは、こうやって注ぎ口の下が空いているので、コーヒーサーバーを使わずに直接カップに注いでも、どれくらい抽出されているか一目瞭然でわかるところ。

これなら、「まだかな~」とドリッパーをはずして何度もカップを覗き込む必要もなく、とてもいいです。

わたしのお気に入りのコーヒーは澤井珈琲です。
安くてとってもおいしいコーヒーなのでお試しあれ。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

雑貨KEYUCA

Posted by hana