洗濯機排水溝の外し方

洗濯機の排水溝の掃除をするのにいつもどんな順番だったか迷うので、備忘録。

洗濯機排水溝をはずす順番

1.洗濯ホースをはずす

P1020404

洗濯ホースは金具で留められている場合は、金具もはずして洗いますが、我が家の場合はタイラップバンドで固定されていたのでそのまま真上に引き上げてとりはずします。

2.目皿をはずす

P1020407
一番初めに掃除をしたときはこの目皿が本当に固くて全然はずれず苦労したのですが、1度やってしまえば次からは楽にはずせるようになります。

P1020406
左側に回すと開くように「←open」とうっすらと書いてあります。書かれているとおりに左向きに回しながら開けます。

3.排水筒をはずす

P1020410
こちらも左側に回すと開くようになっています。

P1020409
「←開く」

4.排水ガイド筒をはずす

P1020411
こちらはそのまま上に引き上げてとりはずします。

5.パッキンをはずす

P1020415

パッキンの位置は排水筒の下になります。

注意

パッキンをつける順番を間違えると臭いが上がってきてしまうのでつけるときは間違えないように注意

6.仕切筒をはずす

P1020412
今までここまでしか取り外してなかったのですが、賃貸マンションの排水管掃除のときに業者の人が来て取り外すのを見ていたら、これも外れることを知り、かなり衝撃的でした。

P1020413
持ち上げるだけで簡単にはずれます。

P1020399
取り外したパーツは全部で5つ。

つけるときは順番を逆にすればOKですね。

掃除したあとに忘れずにやること

普通利用していると仕切筒の部分に水が溜まっていて排水口からの臭いがあがってくるのを防いでくれるのですが、掃除すると仕切筒が空っぽになってしまっているので臭いが上がってきてしまいます

注意

取り付けた最後にコップ1杯分の水を目皿の上から入れるのを忘れずに!

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

掃除

Posted by hana