うちの主人が片付けられないのは遺伝だと思った件

うちの主人は片づけが苦手。いつもデスク周りはごちゃごちゃしていて、とにかく物が捨てられない人です。

狭いスペースにごちゃごちゃと物があるとより狭く感じてしまってわたしにとってはすごくストレスなのですが、本人は平気のようで一向に片付ける気配はありません。

床に物を置くので、掃除機をかけるのも面倒ですし、物を積み重ねるのでホコリっぽくて、アレルギー性鼻炎のわたしはいつもくしゃみがとまらないというのもストレスです。

物が捨てられない旦那の実家はゴミ屋敷

さて、そんな片付けられない&捨てられない主人なのですが、実家の片づけを手伝いに行ってわかりました。実家はまさにゴミ屋敷だったからです。

玄関前からゴミなのか置いてあるのかわからない状態で、玄関を一歩踏み入れると、玄関のたたきにもゴミ・下駄箱の上にもゴミ。廊下にもこれは置いてあるのかゴミなのかわからないもので溢れかえっていました。

廊下の物を除去して、床が見えたのですが床をほうきで掃くと、集まるのはほこりではなく土(?)なのです。ガラスの破片は落ちているし、猫のトイレの砂も散乱しているし、衛生的に問題がある感じです。

キッチンを片付けると、賞味期限が切れた調味料やお酒が多数でてくるし、真っ黒になったおそらく梅干をつけてあったであろう瓶はでてくるし、油でギトギトになりすぎて換気扇は回らないし、食器を洗おうとすると溜まっている水が黒いのです。

また、食パンの留めるプラスチックが無数に落ちているし、引き出しを開けると茶色く変色した袋に何か得体の知れないものが入っているし、引き出し自体はゴ○○リの糞のようなものがたくさんでてくるし、それはもう悲惨な状態でした。

わたしから見ると、人の住むところではないのですが…。

物が捨てられないのは遺伝か?

そんな主人の実家を見て、こういう生育環境で育ったのだから少しぐらい片づけができないのも仕方がないかと思ったのですが、どうやら生育環境というよりも遺伝のような気がします。

というのも、我が娘も捨てられない病だからです。

幼稚園で作った作品は全部とってあるし、付録のようなおもちゃもすべて捨てることができません。

「作品は写真に撮ってアルバムにしてあげるからね」といっても「絶対にイヤ!」と断固拒否。

おかげで少ないスペースの収納の中におもちゃと作品が溢れているのです。

これはどうにかしないといけないと、娘も実家の手伝いに連れて行き、家に帰ってから
「捨てられないとああなるよ!!」
と脅してみると、実家のゴミ屋敷ぶりが強烈だった様子で「幼稚園の作品はもういい」と言って、手放すことができました。(もちろん写真に撮って思い出はきちんと大切にしています)

パチパチパチ~☆

女の子なのでどうにか大人になるまでにお片づけができるように育てたいのですが、少しずつがんばっていこうと思います。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

掃除

Posted by hana