「人生がときめく片付けの魔法」実践その2 本の片付け

2018年11月11日

遅ればせながら「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、私物の片づけを進めているところ。

前回は、洋服の片づけをやったけど、本に書かれてある順番で作業しようと思うので、今日は本のお片づけをやった。

本の整理

今わたしが持っている本をすべて出してみた。
合計38冊

そういえば、本も去年だいぶ整理したからかなり減っているのでもう捨てる本はないだろうと思いながらも1冊ずつ手に取りながら「ときめく」かどうかで判別。

結果、38冊だった本が20冊に減った。

我が家の本棚は高さ180cm、幅90cmの比較的大きなサイズなのだけど、その本棚の半分の幅に本を収めてもまだスペースが余るくらいになった。

本棚を見ればその人がわかるというけど、残った本を眺めてみると、料理の本と収納の本と家計管理の本と、わたしの頭の中がみごとに表わされていると少し恥ずかしくなった。

基本的に実用書ばかりで小説などはみごとに1冊もない。

本を整理して思ったこと

「人生がときめく片付けの魔法」にも書いてあったように、資格取得の本は1度も開かないままそのまま放置してあったのが1冊あった。

買ったことも忘れられていた未使用の資格本。発行が数年前だから実際に資格を取ろうとすると情報が古くて使えないかもしれない代物。そもそも、もう資格取得には興味がなくなっているので必要ない。

こういう本をなかなか捨てられなかったけど、今日、捨てることができてとってもスッキリした。

そういえば、主人もユーキャンで行政書士の資格を取ると言って7万円も出して買った通販の本が封も開けられずにダンボールに入ったまま収納棚に収納されている。この前、「これ、捨ててもいい?」と聞いたけど、払った金額も大きいためか捨てられないようだ。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

収納

Posted by hana