麦茶パックの保存容器はOXOのポップコンテナレクタングルミディアムにした

麦茶パックを入れる保存容器を買いました。

今までは100均の保存容器に入れていたのですが、麦茶パックが全部入りきらずに、入りきらないパックは袋のまま輪ゴムで口を縛っておりました。(我ながらズボらです。)

でも、これだとにおいがもれるし湿気も気になるのが悩み。

麦茶パックを入れるのに

  • 密閉度が高い
  • 麦茶パック54パックが全量入る
  • デザインがシンプル
  • 開閉が簡単

そんな条件で保存容器を探してみたところ、よさそうなのがあったので、今回はこれにしました。

OXOのポップコンテナレクタングルのミディアムサイズ購入

P1030489
OXOのポップコンテナレクタングルのミディアムサイズです。

OXOといえば、ユニバーサルデザイン(だれにでも、使いやすい)を意識した商品を開発している、ホームウェアメーカーということで有名です。

コンセプトは

大人も子どもも、お年寄りも、ハンディキャップのある人でも。できるだけたくさんの人に使って欲しい

うちにも子供がいるので、子供でも使いやすいというのが惹かれますし、どんな人にも優しい商品作りには共感が持てます。

ちなみに、我が家でもOXOの調理器具をいくつか利用しています。

泡だて器は、お好み焼きのように粘り気があるものでもしっかりと混ぜることができますし、トングに関しては、つかみやすいし、持ちやすい。

基本的にモノを選ぶときはデザイン重視のわたしなのですが、調理器具はデザインだけで機能がよくないと毎日のプチストレスになってしまいます。

デザインもシンプルで、だれにでも使いやすいOXOは、やっぱりいいメーカーだということで、保存容器もOXOにしてみました。

54袋入りの麦茶パックにピッタリサイズ

さて、今回購入したOXOのポップコンテナレクタングルのミディアムサイズに、早速麦茶パック(54袋入り)を入れてみましょう。

P1030490
ちなみに我が家でいつも買っている麦茶パックは、伊藤園の香り薫る麦茶54パック。

サイズを比較するとちょうどよさそうな大きさです。

早速麦茶パックを入れてみよう

P1030495
保存容器のサイズが麦茶パックを入れるのにちょうどいいので、こんな風に封を切った麦茶パックをそのまま投入してみました。

P1030496
たったこれだけで、あっという間に詰め替え作業が終わってしまいます。

あ~、楽チン。

麦茶パックを入れてみると、ポップコンテナの上部1cmぐらいの隙間が空く状態です。

P1030497
蓋をしてみると本当にピッタリサイズ。

いちいち容器のサイズに合わせて詰め替える必要が無いというのは、ちょっとしたことですが面倒くさくないのでいい感じです。

P1030498
そして、ボタンを押すタイプの蓋なので、こんな風にレンジボードの引き出しに入れてボタンを押して上から取り出すのも簡単。蓋が若干重いですが、密閉されている感があるからそこは妥協します。

P1030491
この蓋は分解して洗うことができます。

試しに洗ってみたところ、構造が若干複雑なので、一度分解して組み立ててみましたが、取り扱い説明書は必須かもしれません。(わたしだけかも?)

乾物を入れるには、十分すぎるくらいですね。

まとめ

麦茶パックを入れる容器をOXOのポップコンテナレクタングルミディアムにしてから、本当に簡単に詰め替え作業ができてしまうので、プチストレスから解消されました。

密閉度が高いので湿気も全く気になりません。

わたしのようにズボらで、簡単に詰め替えしたい人、湿気など密閉度が気になる人、種類が豊富なので乾物保存容器をシリーズで揃えたい人などにおすすめです。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪