チルウィッチのミニバスケットウェーブランチョンマット Parchmentの感想

2018年11月11日

テーブルコーディネイトは正直言ってあまり興味がなく、食器にもこだわりがあまりありません。

食器は、子供がいつ割ってもいいようにと100円ショップの食器がほぼ大半を占めて、思い入れのある食器はほとんどありません。

しかし、ランチョンマットだけは他のブロガーさんのテーブルコーディネイトを見て「絶対にコレが欲しい!」と一目惚れしたチルウィッチのランチョンマットを使っています。

チルウィッチのミニバスケットウェーブランチョンマット Parchment
チルウィッチのランチョンマットを敷くだけで、「いつもの食卓がちょっぴり正装」

アメリカ、ニューヨークのデザイナーブランドchilewich(チルウィッチ)は、世界の一流ホテルやレストランで使用されているランチョンマットで有名です。

チルウィッチのランチョンマットの特徴

チルウィッチのミニバスケットウェーブランチョンマット Parchment
有名なのでご存知の方も多いと思いますが、チルウィッチのランチョンマットは布ではなく塩化ビニール製なのでお手入れがとても楽というのが特徴です。布のように洗濯したりアイロンをかけたりする必要がありません。

お手入れの方法は、基本的に汚れをさっと拭くだけです。どうしても落ちにくい汚れの場合は、スポンジに中性洗剤を含ませてマットを拭いた後、水又はぬるま湯ですすぎます。

ちなみに、このチルウィッチのミニバスケットウェーブランチョンマット Parchmentを購入してからかれこれ1年くらい経つのですが、本当に耐久性が高く、綺麗を保ってくれています。

ミニバスケットウェーブランチョンマット Parchmentはリネンのような風合い

チルウィッチのミニバスケットウェーブランチョンマット Parchment
色々な種類があるチルウィッチのランチョンマットですが、約1.5mm幅の光沢のある塩化ビニル素材を細やかに編みこんだ、リネンのような雰囲気のミニバスケットウェーブを選びました。

凛としていて、それでいて温かみを感じるとてもいいランチョンマットです。

ちょっぴり不便だと思うところ

ただし、このランチョンマット、収納するときに折りたたむことができないので場所を取ってしまいます。まるめてもいいのですが、あとが付くのが怖くて、結局電子レンジの上に平たく置いて収納しているのですが、電子レンジの上は熱くあるので電子レンジを使うときはいちいちテーブルに移動させていたりと、少し面倒。どうやって収納しようか悩むところです。

また、汚れは基本的にしょうゆなどの調味料をこぼしても拭くだけで綺麗になるのですが、一番汚れが取れないのがトマトソースです。パスタなどのトマトソースは色素が沈着してしまうのかなかなか手ごわいので気をつけています。

次はダリアが欲しいな。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪