Kalita(カリタ)のコーヒーサーバは使いやすいけども…

マグカップにコーヒーを注ぐ時にはマグカップに直接KEYUCA(ケユカ)のアネッロ 珈琲ドリッパーを乗せるのですが、毎朝主人の水筒にコーヒーを入れる際には、コーヒーサーバを使っています。

P1030536[1]

今使っているコーヒーサーバは、ありきたりですが家庭用、業務用とも質の高い美味しいコーヒーをご提供できるよう 機器類を製造、販売しているコーヒー機器総合メーカーのKalita 300サーバーN 【101ドリッパー用/電子レンジ用】 300cc #31203です。

主人が持っているサーモスの携帯マグがちょうど300ccなのでちょうどいいサイズなんです。

3~4人分入れには500ccぐらいあるといいのかなと思ったりもするのですが、インスタントコーヒーも併用しているので一度にたくさん入れる必要がない我が家にはこのサイズでも問題ありません。(KEYUCAのコーヒードリッパーも1人~2人用ですし)

Kalitaのコーヒーサーバの特徴

  • 電子レンジでの使用可能。電子レンジで温め直しができる
  • 注ぎやすい
  • メモリが見やすい

電子レンジで温めなおしができるので便利だと評判がいいですが、うちでは入れたらすぐに水筒に移してしまうので温めなおす必要はないので、一度も電子レンジで使ったことがありません…。

P1030537
メモリが見やすくて朝の薄暗い蛍光灯の光でも問題なく見ることができます。

特にデザインが気に入っていると言うわけではなく、使いやすくて普段使いにぴったり。

P1030536-1
なのですが、不満なところは、取っ手を保持している首の内側に洗剤が入り込んでしまって綺麗に洗えないこと。持ち手部分の赤いネジを回せば取っ手と首の部分も全部外せるのですが、毎回そうやって洗うのはちょっと億劫です。

もし、これが割れたら今度はHARIOのコーヒーサーバが欲しいな。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪