玄関の芳香剤を「消臭元香るstick」にしてみた

新学期がはじまりもうすぐ家庭訪問がはじまります。普段は玄関の芳香剤なんてそれほど気にしないのですが、玄関を開けた瞬間にもし臭かったら…と思うとかなり恥ずかしいです。

住んでいる人は家のにおいに慣れてしまって気にならなくても、お客さんってにおいに敏感ですものね。

P1030692

ということで、玄関の芳香剤を前から少し気になっていた小林製薬の「消臭元香るstick」にしてみました。

種類は全6種類あるみたいで、

  • チェリーブロッサム
  • スウィートローズ
  • アロマティックフローラル
  • イングリッシュガーデン
  • ウェディングフラワー
  • ウォオーターブロッサム

どの香りにしようか迷ったのですが、無難に香りの想像ができるスウィートローズにしてみました。

消臭元香るstickの中身

消臭元香るstickの中身を見てみると

P1030697

  • ラタンスティック
  • ガラス容器
  • 香りオイルボトル

の3点が入っています。

P1030696
使い方は簡単で、香りオイルボトルの液体をガラス容器に注ぎ、ラタンスティックを刺すだけ。

香りは約1.5~3ヶ月間持続するとのことで、香りが強いようだったらスティックの本数を減らすことで調節が可能なようです。

P1030709
ということで早速何も飾らない我が家の玄関に置いてみました。

さて、香りの感想ですが、狭い玄関なので香りがかなり強くスティックの本数を減らしました。香り自体はわたしは好きですがアロマのような自然の香りではなく、思いっきり人工的な香りがします。

我が家の狭い玄関だと、息子の靴が臭かったりするのでこれぐらいでちょうどいい感じです。(最近本当に息子が臭い…悩)

ただ、ガラス瓶にフタのようなものがないので倒すと思いっきりこぼれてしまいそうです。わたしもそそっかしいですし、子供も倒してしまいそうなので少し端に寄せておきました。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪