わたしのウチにはなんにもない。を読むと物を捨てたくなってしまう

ゆるりまいさんの「わたしのウチにはなんにもない。」という本。ブログを見て衝撃を受けたので、書籍「わたしのウチにはなんにもない。」と「わたしのウチにはなんにもない。2」を読んでみました。

内容紹介

断捨離ブログランキング1位。「なんにもないぶろぐ」の汚部屋脱出コミックエッセイ!

写真と文章で自宅を紹介するスタイリッシュなブログが評判で、そのモデルルームのような文字通り“なんにもない生活”は、汚部屋に棲むすべての人たちから羨望のまなざしを受けています。しかし、そうなるまでには、「捨てたい病」を発症した彼女と家族との長い葛藤(戦い! )がありました…。極度の断舎離に至ったことの顛末を自身によるコミック化で再現。かつては汚部屋の住人だった彼女が「なんにもない生活」に至るまでには、涙と努力の紆余曲折があった!? 単行本ではそれが明らかに! ※巻末カラー(32p)には、まいさんのおうち拝見コーナーを収録! お気に入りインテリアグッズ紹介やQ&Aコーナーもあるよ♪

1巻目は「なんにもない」に至るまでの話がメインでしたが、2巻目では、掃除&片づけのノウハウを具体例が掲載されています。

感想

P1030774
↑極力物を置かないリビングとこのディスプレイのような収納。素敵です♪(物を増やしたくないので電子書籍を購入しました^^)

本の内容はブログのように断舎離の様子が細かく掲載されているわけではなく、そこまでに至った顛末が1巻目で、掃除&片付けのノウハウが2巻目にコミックになっています。

わたしがこの本を読んで心にグッときた言葉を紹介すると

「物を捨てる=粗末にしている」は必ずしもイコールではないし、持っているだけでは大切にしていることにはならない

↑物が勿体無いから捨てられなかったわたしですが、だからといって物を大切にしているかというとそうでもなく、埃をかぶって忘れていただけのもの、おうちの中に結構あります。

自分の管理できる範囲で物を持ち、それらを丁寧に使い、手入れをして永く使う….それこそが物を大切にするということなんだと思います。

↑量が多いと自分で把握しきれてなくて整理していると「あれ?こんなの持っていたっけ?」「あれ?これこんなところに入れておいたんだ」と物が行方不明になることがシバシバ。手入れなんて全くせずにしまいこまれたカバン、たまには拭いてあげようかな。

あったらいいなはなくてもいいんだよ!

↑最近、「こたつ欲しいな~」と思って主人に聞いてみたら「別にいらんやろ」と言われました。確かに、「あったらいいな」は「なくてもいいんだ」

100のものにこだわるより、10のものにこだわるほうが、愛着も沸くし、時間もかけられるし、経済的です。

↑家の物を選別していくと、たくさんあっても本当に必要なものって結構少なかったりします。

「これ、本当にいる?」
「これ、本当に気に入っている?」
「これ、本当に必要?ほかで代用できない?」
「これ、捨てたら死ぬ?」
「これ、見られても恥ずかしくない?」

↑「これ、捨てたら死ぬ?」って…究極ですよね。でも、「見られても恥ずかしくない?」という基準が目から鱗。確かに、あまり気に入ってなかったり小汚くなってしまってもなかなか捨てられずにあるのが当たり前のものってあります。

これを読むとわたしもどんどん物を捨てたくなるので、物を捨てられずに困っている人にはぜひ読んで欲しいです。

でも、行き過ぎると捨て魔になってしまいそう。

こんまりさんの言葉を思い出すと

捨て魔になってはいけません。捨てる物を選ぶのではなく残すものを選ぶのです。

対極のような言葉ですが、どちらも好きなものに囲まれて少ないもので暮らすことが目標だと思います。わたしもそんな生活ができればいいな。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

Posted by hana