病院からもらった薬の収納

薬は無印良品のPPボックスの引き出しに収納しているのですが、薬を探すたびに引き出しの中がごちゃついてしまうので、今日は病院からもらった薬を整理してみました。

といっても収納ブロガーさんのように見て驚くほど綺麗にというわけではなく、ズボらなわたしがやったので完成度は低いです(汗)

なぜだか溜まっていく病院の薬…

基本的に病院から出された薬は飲みきるのが当たり前のはずなのですが、なぜだか我が家の薬箱の中には病院から処方された袋に入ったままの薬たちがそこにあり、これは飲んでもいいものなのかどうなのか、この薬はいつ処方されたものなのか不明なものも発見してしまいました。

とりあえず、何の薬かわからないものを処分。
1年以上経過しているものを処分。

こうやって整理してみると
長女の分は鎮痛解熱剤だけが残り
わたしの分は風邪の症状を和らげる漢方薬のみ残り
長男の分はアレルギーの薬のみ残りました。

本当に必要なものって案外少ないものです。

(主人の分はまた勝手に捨てて怒られるといけないのでとりあえず全部残しておきました)

とりあえず家にあるもので

最近、収納にあまりお金をかけるのも「それほどこだわってないしなぁ~」、と最初の頃に比べると収納熱が下がってきているので、とりあえず家にあるものでこざっぱり整理できないものかと思います。

P1030799

家にあった、ビニール袋(パウチ付き)にラベルをパソコンで作って貼りました。(各家族の個人名を入れたので一部ぼかしてます)

P1030800

袋の中には薬の説明書と一緒に。
これなら何の薬かもしわからなくなっても確認できます。

備考

抗生剤などは処方されたあときちんと飲みきらないといけないとか、シロップは1週間しか持たないとか、咳止め(粉末)などは冷蔵庫で3ヶ月くらいは保管OK(ものによる?)とか、なんだか色々あるみたいです。

基本的に病院からもらった薬(鎮痛解熱剤以外)は飲みきるようにしたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

収納

Posted by hana