笠原将弘の 30分で和定食のレシピで作ってみた

和食はからだにいいので家族には洋食よりも和食をもっと好きになってほしいものです。

けれども、子どもがいるとハンバーグやパスタやから揚げなどお子様ランチ風のメニューばかりになってしまいます。

和食のレパートリーが少ないから食卓に和食を並べることができないのよね、と気づいたので、和食の料理本を買って実際に作ってみました。

「笠原将弘の 30分で和定食」を買ってみた

メディアでもよく目にする笠原将弘さんの「笠原将弘の 30分で和定食」という本を買いました。

笠原将弘さんてどんな人?

予約の取れない人気和食店、恵比寿にある『賛否両論』というお店のオーナー兼料理人。

高校卒業後、日本料理『正月屋吉兆』で9年間修行したあと、『賛否両論』をオープン。

独創的な料理が支持され、幅広い分野で活躍中。

『賛否両論』行ってみたいですよね。

『笠原将弘の 30分で和定食』は笠原将弘氏による、簡単しっかりな和の定食メニュー。

さて、レシピ本の話に戻りまして、『笠原将弘の30分で和定食』はタイトルどおり30分で作れる1汁2菜の和定食を中心に構成されています。

  • 30分で作れる1汁2菜の和定食
  • 真夜中に帰宅してもささっとヘルシーにおなかを満たせる20分メニュー
  • 急な来客を温かく迎えられるもてなし定食メニュー
  • シンプルな材料で作り置きできる便利な常備菜
  • アイデアたっぷりの汁物の作り方

食事作りは毎日のことです。毎日何時間もかけて夕食を作るのも大変です。

30分でできる和定食がマスターできれば、毎日の食事作りの時短につながります。

レシピを眺めていると、最初は著者が人気料理店の料理人の方なので、普段家庭で使わないような材料ばかりだと困るなと思っていたのですが、中身を見ると普段スーパーに置いてあるいつもの食材を使ったレシピ本で安心しました。

とりあえず作ってみよう!

レシピ本を眺めていても仕方がないので(眺めるだけは好きなんですけど)、とりあえず「30分でできる和定食」を作ってみました。

我が家は、普段はもちろん顆粒だしです。味の素のほんだし、いつもお世話になっています。

ですが、だしのページの冒頭に

かつお節とこぶのうまみが相まった、だしの香り、あの香りが台所に漂うと、なんともいえない幸せな気持ちになるのは、僕だけではないだろう

こんな風に書かれていて、子供の頃を思い出しました。

そういえば、昔、子供の頃に台所に漂っていた香りは、だしの香りと根菜類が煮込まれた香りで、それを思い出すとなんだか懐かしい気分になります。

顆粒もお手軽でいいですが、たまにはきちんとだしをとって、子供にだしの香りを懐かしんでもらえるようにがんばろうと思います。

こんなわたしのように、だしをとるのが面倒な人でも簡単にだしがとれるように、「簡単だしの取り方」が掲載されていたのでそのとおりにやってみました。

P1030802

この方法なら事前に昆布を水につけておかなくても済むのでだしが必要になったときに気軽にとれますし、作り置きもできて便利そうです。

1番だしと2番だしの中間ぐらいのだしがとれるので、普段使いにいいですね。

30分でできる和定食レシピ

笠原30分でできる和定食献立

  • さばのしょうがマヨネーズ焼き
  • キャベツとしらすの酢の物
  • ベーコンと大根の味噌汁
  • ごはん
  • +常備菜のレシピから水菜の浅漬け風を追加

さばをマヨネーズで焼くなんて、素人には全くない発想に驚きました。

キャベツとしらすの酢の物

キャベツとしらすの酢の物

キャベツとしらすの酢の物、すっごく優しいお味です。そして、なぜだか懐かしいです。

水菜の浅漬け風
水菜の浅漬け風

こちらは常備菜のレシピから水菜の浅漬け風を追加。

塩こんぶを料理に使ったことが今までなかったのですが、笠原さん曰く「調味料にも具にもなるスグレモノ」、揃えておきたいアイテムリストの1つだそうです。

こういう食材が使いこなせるようになれば少しは料理も上手になるかと思うんですけど…。

まとめ

「笠原将弘の 30分で和定食のレシピ」ということで、和定食のレシピは5セット掲載されています。

1セット3ページを使って丁寧に解説されていて、30分で作るための段取りなども時間を有効に使うには便利です。

こんな方におすすめ
・料理が初心者の方(←わたしのこと)
・だしをとるのが面倒だと思っている方
・調理時間を短縮したい方

プロの凝った和食レシピ集ではなく、和食の入門書としてとらえると良書だと思います。

[amazonjs asin=”4072802581″ locale=”JP” title=”笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)”]

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

, 笠原

Posted by hana