フローリングの床掃除 結局いきついたのはこの洗剤

夏のフローリングは子供が素足で歩きまわるのでベタつきが気になります。できるだけこまめに掃除をするようにしていますが、綺麗をキープするのはなかなか難しい。

今までフローリングのお掃除洗剤はどれを使ったらいいのかいくつか試してみたのですが思ったようにすっきりしないものが多く、洗剤ジプシーでした。

試してみた洗剤・ワックスたち

P1030270

ネットで有名なAUROのメンテナンス用のワックス。自然素材でできているので子供やペットがいるご家庭でも安心して使えます。使い方は簡単で水に溶かしてあとは普通に水拭きするだけ。手軽に使えてワックスもかけられるのが一石二鳥なのですが、汚れ落ちは水拭きとそれほど変わりませんでした。(私的な感想)

お手軽なんだけど、もっとがっつり汚れを落としたいわたしにはなんだか少し物足りない…。

 

P1010837-546x410

スーパーで売っていて、こちらもクリーナーとワックスが同時にかけられるお手軽な商品。ズボらなわたしはついつい簡単なものに釣られてしまいます。

スプレー式になっているので、スプレーして雑巾で吹き上げるだけで汚れも落ちてワックスもかけられます。柑橘系の香りがしてワックス特有のツンとしたにおいがしないのはよかったのですが、やはりオールインワンタイプだと汚れ落ちがいまいち…。

しかも、数週間放置していたらスプレーノズルが噴霧しなくなってしまいました。液が固まってしまったのかしら。

普段使いにはいいのですが、もっとキッチンの油汚れやフローリング板の小さな隙間に入った黒ずみや壁と床の境目のコーティングの黒ずみががっつり落ちる商品はないものか…。

と思っていきついたのは、

P1030758-474x355

ホームセンターに売っていたリンレイの床クリーナーとワックス。普通の床クリーナーとワックスなので、床を拭くときは洗剤を水で薄めて拭いてから、さらに2回も水拭きが必要です。それからワックスをかけるのでがっつり床掃除をする際は4回以上もフローリングを拭くことになります。

ですが、この床クリーナー、原液で使うとワックスも落とせる強力な洗剤。汚れはしっかりと落としてくれます。今まで落ちなかったフローリング板の表面の隙間に入った黒ずみも、床と壁の境の黒ずみも、キッチンの油汚れとホコリが一緒に混ざった手ごわい汚れもすっきり。

ということで、現在は、

・日ごろのお手入れ・・・リンレイの床クリーナーを薄めて1・2週間に1回拭き掃除→水拭き

・半年に1回・・・リンレイの床クリーナーでワックスをはがしてからワックス掛け

という感じでお掃除しています。

ワックスのにおいはやはり気になりますが、子供が大きくなってきたので自然派よりも汚れ落ち重視に。がっつりと汚れを落としたい方にはおすすめです。(体力は使いますが)

AUROのワックスは高かったのでこちらは家具や扉などの木製品に使っています。家具に使うと自然な光沢がでてそれはそれで活躍中。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

掃除AURO

Posted by hana