【口コミ】プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターを購入

2018年11月11日

急に朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。かなり寒がりなのでわたしには辛い季節がやってきます。

今までは、暖房器具はエアコンのみを使用していたのですが、キッチンの足元がかなり冷えたり、パソコンをするときに足元が冷えるのと、脱衣所を温めたいという目的で、補助的な暖房器具を探していました。冬が到来するまでに冬支度。

補助的な暖房器具はどれを選べばいいの?

補助的な暖房器具を購入するのは今回がはじめてです。どんなものがあるかのかもわからなかったので主な暖房器具を見てみると

・遠赤外線電気ストーブ
・カーボンヒーター
・セラミックファンヒーター
・パネルヒーター
・オイルヒーター

などがあるみたいです。今は昔に比べて選択肢が増えたんですね。

それぞれの特徴を見てみると

遠赤外線電気ストーブ

遠赤外線電気ストーブは体の表面だけではなく遠赤外線の効果で芯から温めてくれます。

メリットとしては、空気を汚さない。

デメリットとしては、消費電力が大きいので(1200wとか800w)長時間使うと光熱費が高い。

カーボンヒーター

メリットとしては、空気を汚さない。熱の届く範囲が他電気ストーブよりも広い。他の電気ストーブよりも熱効率が高く、光熱費を若干抑えることができる。電気ストーブで電気代が安いと最近人気があるカーボンヒーター。

デメリットとしては、長時間の使用は電気代が高くつく。機器代金が他の電気ストーブと比較して高め。

セラミックファンヒーター

メリットとしては、安全性が高い。すぐに温かくなる。石油ファンヒーターは灯油を使いますが、セラミックファンヒーターは電気を使います。

デメリットとしては、電気代が高い(1200wなど)。トイレや洗面台など狭い空間には適しているが、広い部屋には適さない。

パネルヒーター

メリットとしては、火を使わないので安全性が高く、空気を汚さない。輻射熱を利用した暖房器具です。

デメリットとしては本体価格が高めで、サイズが大きい。温まるまでに時間がかかる。

オイルヒーター

メリットとしては、火を使わないので部屋の空気を汚さない。寝室などのくつろぐことが目的の部屋に適している。部屋全体を温めてくれる。輻射熱で、部屋のまわりからやさしく暖める器具。

デメリットとしては、電気代が高い。温まるまでに時間がかかる。

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターに決定

我が家の用途としては部分的に温める補助的な暖房器具ということで、オイルヒーターやパネルヒーターは除外。セラミックファンヒーターにはじめは惹かれたのですが、セラミックファンヒーターだと電気代が高くつきそうということで断念。

カーボンヒーターも機能は魅力的だけどデザインがイマイチだったので、プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターに決めました。

この、コロンとした姿がもうお気に入りです。

色は、ライトグレー/ピンクベージュ/ブラウンの3ラインナップ。

わたしは無難にライトグレーをチョイスしました。ライトグレーですが光源によっては白っぽく見えます。

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターの気になる電気代

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターの特徴は、リフレクト(反射板)が格子状に組まれているので、拡散しがちなヒーターからの熱を前方に集中放射することで熱量も増幅。運転しているワット以上の効果を体感することができるので経済的&エコだとか。でも、お掃除はちょっとしにくそうですよね…。

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターの消費電力は、400Wと200W。
200W運転時:1時間あたり、およそ5.4円
400W運転時:1時間あたり、およそ10.8円

セラミックヒーターと比較してみると

プラスマイナスゼロのセラミックヒーターの消費電力は、強1200W / 弱600W
600W運転時:1時間あたり、およそ12.76円
1200W運転時:1時間あたり、およそ26.4円

セラミックヒーターと比較すると電気代は1/2以下。というか、セラミックヒーターって電気代がとても高いんですね。ずーっと、ドライヤーをつけているような感じでしょうか?

リフレクトってそもそも何?

リフレクトヒーターというのは、熱などを反射する反射板がついた暖房器具。熱源の手前に反射板を配置して効率よく暖められるのが特徴だそうで、プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターも高効率反射板を使用したエコ仕様。熱を集中させて、400Wの消費電力で800W相当※ のあたたかさと公式HPに書いてありました。

さっそく、200wで試してみると温かくなるまでに1分程度かかりますが、なかなか温かいです。脱衣所ぐらいであれば部屋全体も温めてくれそうです。

便利な自動首振りとOFFタイマー搭載
オートOFFタイマー付きで消し忘れも安心
左右への自動首振り&上向きへの角度調節機能付き。

プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター

コロンとしたフォルムがとても愛らしいです。

色はグレーを選んだのですが白っぽく見えます。

プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター

ヒーターの部分は反射板がついているのですが、お掃除はどうしたらいいのでしょうか?

プラスマイナスゼロのロゴは背面に。

プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター

取っ手があるので持ち運びに便利で持ってみると軽いです。

スイッチ部分は簡単操作で電源のボタンを押すと200wと400wが選べるようになっていて、自動的に一番右側のタイマーにもスイッチが入ります。

プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター プラスマイナスゼロ リフレクトヒーター

まだそれほど寒くないので温かさについてはよくわかりませんが、スイッチを入れてから1分ほどで温かさが伝わってきました。これでキッチンの足元が寒くなくなればいいのですが。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪