文房具の整理収納

文房具は普通のご家庭はどこにしまわれているのでしょうか?リビングボードの引き出しに家族で共有できるように文房具スペースを取っている方も多いかもしれません。

ちなみに我が家では、リビングボードすら置けない狭いおうちなので、わたしのワークスペースのパソコンデスクの引き出しに収納しています。

家族各自で文房具は持っていて、セロハンテープやカッターなどはこの引き出しから自由に取り出して使ってもらっています。

ペンはこれだけあれば充分

以前は既にインクがでなくなったボールペンなどが大量に放置されていたのですが、一度思い切って断捨離し、今はこれだけになりました。

P1040200

・ボールペン 2本
・消せるボールペン 1本
・シャープペンシル 1本
・赤のボールペン 1本
・筆ペン
・蛍光ペン 2本
・お名前ペン
・シャープペンの替え芯
・赤い色えんぴつ(小学生の娘の予備)

以前は本当にたくさんこの中に入っていたのですが、厳選してみるとこれだけで特に困ったことはありません。

蛍光ペンは滅多に使わないので、1本に減らしてもいいかも…と断捨熱が再燃中です。

引き出しの仕切りには無印良品の「ポリプロピレンデスク内整理トレーを利用

引き出しの仕切りには無印良品の「ポリプロピレンデスク内整理トレー」を利用しています。

P1040202P1040203

いつでも無印良品に行けば買い足せるという気軽さと、かなり価格が安いのでこのシリーズにしました。

ポリプロピレンなので変色が少し気になるのと、仕切り板が少し歪んできてしまうのが気になるところではありますが、とりあえずこの引き出しの収納はこのまま行こうかと思います。

デザイン文具のミドリ

ホッチキスとセロハンテープはデザイン文具のミドリのコンパクトなものを利用しています。

P1040209

小さいながらにいい仕事をしてくれて、使い勝手はまずまずです。

失敗したのが…

無印ファンではあるのですが、無印良品で購入した修正テープとのりはかなり使いづらく失敗した買い物でした。

P1040211

修正テープはうまく巻き取れずに、綺麗に修正されないのがイライラします。

また、のりは薄く付かずに糸を引くので綺麗に糊付けできません。

修正テープとのりはやはり文具メーカーのものを選びなおそうと思います。

引き出しの中全体

P1040206

カッターの下敷きが主張しています…。
また、電卓はもう少しデザイン性の高いものに変えたいと思っていて、プラスマイナスゼロか無印良品のものが欲しいな。

ちなみに汚部屋住人だった主人の引き出しはこんな感じ↓

P1040207

なぜに引き出しの中にビニール袋が入っているのか、整理しようと言ってもわたしの言うことは無視して「どうして俺がそんなことをしないといけないのか?」と怒る始末。

これを見て、どこに何が入っているのかわからない状態の引き出しのままでいいと思うのか不思議でなりません。あ~、片付けたい…。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪