ティム・ガンの基本10アイテムに学ぶ着まわしが出来る洋服

ロンハーの『泊ってジャッジ!本当はいいオンナGP』で、安西ひろこさんが 「ティム・ガンのクローゼットに入れるべき10個のアイテム」を紙に書いて貼っていたのを見て、ティム・ガンをはじめて知りました。 調べてみると、ティム・ガンは、

全米で人気のファッションコンサルタント、ティム・ガン(Tim Gunn)はセックス アンド ザ シティ (Sex and The Sity)やゴシップガール(GOSSIPGIRL)など海外の人気ドラマにも本人役として登場し、一流デザイナーを発掘する番組プロジェクトランウェイ(project RUNWAY)などで幅広く活躍。

全米では有名なファンッションコンサルタントのティム・ガンが、レギュラーを務める人気番組(Style up スタイルアップ~ティム・ガンのファッションチェック)の中でファッションセンスに自信を持てずにマンネリ化した服しか着ないイケていない女性が美しく変身するために彼が提唱するのが「基本10のアイテム」だそうです。

わたしは、あまりおしゃれには興味がなく、いつも同じような格好をしているのは、ベーシックのアイテムが少ないことと、着まわしできるアイテムがを持っていないことかもしれないと、ティム・ガンの基本10アイテムがワードローブにあるか確認してみました。

ティム・ガンの基本10アイテム

1.ベーシックな黒のワンピース

2.トレンチコート

3.クラシックなドレスパンツ(フロントにポケットがない・裾はシングル)

4.スカート

5.ブレザー

6.クラシックな白いシャツ

7.ワンピース

8.カシミアのセーター

9.ジーンズ

10.リラックス・ウェア(洗練されているもの)

ティム・ガンの基本10アイテムの中でわたしのワードローブにないもの

ティム・ガンの基本10アイテムの中でわたしのワードローブにないものは 2.トレンチコート 5.ブレザー 7.ワンピース 8.カシミアのセーター これだけ見るだけで、わたしのワードローブの偏りが見られることがわかります(笑) 断捨離しすぎではなくて、基本のアイテムを買わずに流行りのものを追いかけていたことが原因だと思います。基本があって応用がはじめて利くというのをもう一度見直して、着まわしが利き、マンネリにならず、手持ちの服でもいつも同じ格好をしていないように改善していきたいです。

流行に左右されないものを定番として揃える

着まわしが出来るもの=ファッションの幅が広がる

なぜ、着まわしが苦手かと言うと、いつも洋服を選ぶときは雑誌に掲載されていたコーディネイトをそのままに、お店でディスプレイされていたコーディネイトをそのまま着るので、他のアイテムを組み合わせることができません…。 ティム・ガン曰く

流行に左右されない色や形のものを定番として揃えておくと着まわしがしやすく、流行のアイテムを加えることによりファッションの幅も広がります。

定番のものをまずは揃えて、そこから応用していくようにすれば、ワードローブに多くの洋服があるのに、「いつも着ていく服がない」となるのを防げそうな気がします。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

洋服

Posted by hana