湯垢がつきにくくお風呂掃除が楽になるRETTOのバスチェアと手桶を購入

うちのバスチェアは確かナフコで購入した普通のプラスチック(?)製の物を利用していたのですが、とても湯垢がつきやすいんです。というのも、一度湯垢が気になってメラミンスポンジで擦ってしまい、おそらく細かい傷がついて更に湯垢がつきやすくなってしまいました。

そうなると、毎日お掃除するのが憂鬱です…。

床に面する部分もパッキンとプラスチックの部分に微妙な隙間があり、カビが生えやすいんです。

ということで、思い切って買い換えることにしました。

バスチェア・手桶に求めるもの

お風呂掃除って毎日のことでやっぱり面倒ですよね。毎日掃除をしていても、少しずつ少しずつ湯垢が溜まって取れづらくなります。

普段掃除のときに気をつけているのは、手桶の凹凸部分です。今まで使っていたバスチェアも手桶も、凹凸が多いため汚れが付着しやすく、スポンジだけでは細かな部分の汚れが取れないのでブラシを使って汚れを落としていました。

また、バスチェアはどうしても床と接している部分にカビが生えがち。

ということで、わたしがバスチェア・手桶に求めるものは、
・凹凸が少ないもの
・バスチェア、手桶は床に置かずに収納できるもの
・デザインがシンプルなもの

この3つです。

I’mDのRETTOのバスチェアと湯おけは掃除がしやすく収納しやすい

とにかく凹凸が少なくて、掃除がしやすくて、デザインがシンプルなものをと選んだのは、岩谷マテリアルが扱う自社ブランドI’mD(アイムディ)の「RETTOのハイチェアと湯おけ」です。

P1040420

I’mD(アイムディ)の「RETTOのハイチェア」

P1040416

I’mD(アイムディ)の「RETTOの湯桶」

岩谷マテリアルは、生活観の少ないインテリアグッズで有名なメーカーです。うちで利用しているのはkcudのゴミ箱。シンプルで無機質であまり主張しないデザインがわたし好みです。

バスチェアについて

このRETTOシリーズのバスチェアは凹凸が少ない造りになっています。

P1040422

裏側を見てみると、中央に刻印が少しありますが、それ以外はスポンジで洗ったら終われそうなくらい凹凸が少ないですね。以前利用していたバスチェアは補強のためなのか裏側に凹凸があってそこに汚れが溜まるのがプチストレスになっていたのですが、これなら問題なさそうです。

P1040423

床に面するパッキンはこんな感じで面積自体が少ないのでお手入れが楽そうです。

P1040427

そして、このバスチェアの一番の特徴はお風呂の縁にかけて収納ができることです。毎回こうしておけば床には何も置かない状態にできるので、床掃除も楽になりますし、汚れにくくなります。

わたしのようにズボらな人、また、清潔好きな方にオススメです。

RETTOの湯桶

P1040418

バスチェアも凹凸が少ないですが、湯桶も凹凸が少ない造りになっています。

P1040419

画像だとわかりにくいですが、湯桶も刻印が少しあるだけで凹凸がすくないです。これならスポンジだけで、お手入れするのにブラシは使わずに済みそうです。

P1040425

この湯桶の特徴はこうしてフックにかけられる部分があることです。こうしておけば、床に置きっぱなしになることもないですし、湯垢がつきにくくなっていいですね。

P1040421

ただし、今回購入したRETTOの湯桶とバスチェアは同じシリーズではなく別のシリーズなんです。本来であればバスチェアにセットなのは四角の湯桶なのですが、どうしてもわたしは丸い湯桶がよかったもので…。だから、近くで見ると同じホワイトでも素材感が違います。丸い手桶の方は少し光沢がありますが、バスチェアはマットな質感になっています。

でも、とにかく凹凸が少なくて、掃除がしやすくて、デザインがシンプルなバスチェアと手桶が購入できてよかったです。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪