プラスマイナスゼロの扇風機買いました

2018年11月11日

今まで使っていた扇風機がスイッチを入れても動かなくなったので、扇風機を買い換えました。

色々な扇風機があって、羽のない扇風機や、羽が10枚ついているもの、スタンドタイプのものなどどれにしようか迷いました。

けれども、掃除のしやすさ、お手ごろ価格、デザインなど総合的に考慮して、プラスマイナスゼロの扇風機を買いました。

夏場はプラスマイナスゼロの扇風機、冬場はプラスマイナスゼロのリフレクトヒーターと、交代で使いたいと思います。

プラスマイナスゼロの扇風機開封

プラスマイナスゼロ扇風機開封

では、届いたプラスマイナスゼロの扇風機を早速開封しました。

発砲スチロールに分解されて収まっている扇風機。

組み立てなどはすごく苦手なのですが、自分で組み立てます。

プラスマイナスゼロの扇風機組み立て

プラスマイナスゼロ扇風機開封

部品は、7つ。

取扱説明書を見ながら組み立てること10分。

プラスマイナスゼロ扇風機

特に難しいところはありませんでしたが、新しい扇風機なので丁寧に扱います。

プラスマイナスゼロの扇風機のリモコン

プラスマイナスゼロ扇風機リモコン

リモコンはボタン電池。

プラスマイナスゼロ扇風機

扇風機のガードの部分が金属で、リモコンが磁石でくっつきます。

でも、運ぼうとしたときにはすぐに落ちてしまうくらい、磁力は弱め。

今までの扇風機はリモコンがついていないものを利用していたので、リモコンの必要性があるのかどうかわかりませんが、これから活用したいです。

プラスマイナスゼロ扇風機リモコン

リモコンは、本体のボタンと同じ並び。

風は4段階まで調節可能で、タイマーなどがついています。

プラスマイナスゼロの扇風機外観

プラスマイナスゼロ扇風機ロゴ

後部は、プラスマイナスゼロのロゴが。

取っ手の部分がシンプルで凹凸が少ないデザインが素敵です。

プラスマイナスゼロ扇風機側面

この扇風機の特徴は、側面から見ると薄いこと。

プラスマイナスゼロ扇風機比較

今まで使っていた扇風機と比較すると、厚みが2/3程度とコンパクトです。

全体的にコンパクトなので、狭い我が家でも圧迫感が少しでも減るようにと選びました。

プラスマイナスゼロ扇風機比較

高さも少し低めですし、台座の部分も楕円形でコンパクト。

実際にプラスマイナスゼロの扇風機を使ってみた感想

うん、普通の扇風機です。

今まで使っていた扇風機と違うのは、風の調節が3段階から4段階に増えたこと。けれども、いつも弱でしか利用していなかったので、我が家ではそれほど調節が必要かというとそうでもありません。

デザインは、少し安っぽいですがシンプルでわたし好み。

コンパクトなので、狭い我が家でもOK。

プラスマイナスゼロの扇風機の収納

プラスマイナスゼロ扇風機開封

梱包されてあったダンボールに「保管のしかた」が書いてあったのですが、それを読むと

包装箱は保管のときに必要です。捨てないでください。お手入れをした後、次の点に注意して保管してください。

とあり、

汚れを取り、包装時のポリ袋をかぶせてから包装箱に納め、湿気の少ない場所に保管します。
電源コードにも発泡スチロールが触れないようにポリ袋をかぶせてください。

 

基本的に、モノを買ったらすぐに箱は捨ててしまう捨て魔のわたしなのですが、マニュアル人間なのでこういうのを見ると箱も保管しておかないといけないのかと。

確かに、電源コードが一番痛みやすく丁寧に保管が必要。

これを見るまでは、押入れにそのまま入る高さの扇風機なので、不織布でも被せて保管すればいいかと思っていましたが、やはり箱で保管した方が長持ちはしそうですよね。

プラスマイナスゼロ扇風機保管

ということで、押入れに扇風機の箱を置く場所を確保しました。

プラスマイナスゼロの隣にプラスマイナスゼロの扇風機の箱を。

でも、この箱結構大きくて場所をとります。

う~ん…。

まとめ

  • プラスマイナスゼロの扇風機は、やっぱりデザインがかわいい。
  • 普通の扇風機よりもコンパクトなつくり。
  • 使用感は普通の扇風機。
  • 季節家電の保管は購入時の箱を取っておく。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

家電

Posted by hana