4人暮らしで43平米はさすがに狭いか、国の居住水準と比較してみた

うちに人を招くことは少ないのですが、たまに人が来ると我が家のあまりの狭さに皆さん驚かれます。

なにせ、4人家族で2DKの43平米。しかも子どもは高校生と小学生。

「ここで4人も暮らしているのか」という声が聞こえてきそうなくらいです…。

4人家族だと普通なら3LDKや4LDKにお住まいなのでしょうか?

子供が小さいうちは3人家族で2DKの間取りに住まわれている方も多いでしょうが、4人家族で2DKで暮らしている人って多分かなり少ないんでしょうね。

ということで、今日は世帯人数別の住まいの広さについて少し調べてみました。

国が住宅建設五カ年計画で定めた住宅面積の目標

国が住宅建設五カ年計画で定めた住宅面積の目標というのがあります。この数値を参考にしてみます。

まず、私たち国民が安定したゆとりある住生活を営むことができるように、家族構成に応じた住まいの広さを算出している水準を「居住水準」といいます。

参考:住生活基本計画(全国計画)における誘導居住面積水準及び最低居住面積水準(国土交通省)

居住水準に下記の2つがあり

  • 誘導居住面積水準
  • 最低居住面積水準

誘導居住面積水準は「良質な住宅の確保に向けて目標として掲げられた値」
最低居住面積水準は「健康で文化的な生活をおくる上での最低水準」

では、早速、誘導居住面積水準と最低居住面積水準を見てみましょう。

誘導居住水準

一般型誘導居住面積水準

  • 単身者 55平米
  • 2人以上の世帯 25平米×世帯人数+25平米

都市居住型誘導居住面積水準

  • 単身者 40平米
  • 2人以上の世帯 20平米×世帯人数+15平米

最低居住水準

  • 単身者 25平米
  • 2人以上の世帯 10平米×世帯人数+10平米

注意事項として

注1)上記の式における世帯人数は、3歳未満の者は0.25人3歳以上6歳未満の者は0.5人6歳以上10歳未満の者は0.75人として算出する。ただし、これらにより算定された世帯人数が2人に満たない場合は2人とする。
注2)世帯人数(注1の適用がある場合には適用後の世帯人数)が4人を超える場合は、上記の面積から5%を控除する。

とあります。

実際に計算してみよう

この計算式を利用して我が家の居住水準を計算してみました。

家族構成は夫婦+子供(14歳)+子供(9歳)なので、3.75人として計算します

一般型誘導居住面積水準 25×3.75+25=118.75平米
都市居住誘導面積水準 20×3.75+15=90平米
最低居住面積水準 10×3.75+10=47.5平米

ちなみに我が家は43平米に住んでいるので、国が定める最低居住面積水準すら満たしていません。

最低居住面積水準とは、つまり「健康で文化的な生活をおくる上での最低水準」より下。

健康的でなく文化的ではないということになってしまいますね。(汗)

参考

世帯人数別の住戸専用面積(例)(単位:平米)
単身 2人 3人 4人
誘導居住
面積水準
一般型 55 75【75】 100【87.5】 125【112.5】
都市居住型 40 55【55】 75【65】 95【85】
最低居住面積水準 25 30【30】 40【35】 50【45】

【】内は、3~5歳児が1名いる場合

これから家を建てられる方、マンションを購入する方、賃貸に移り住まれる方はこの国の指針を参考に住まいの広さを決められてもいいかと思います。

起きて半畳寝て一畳

起きて半畳寝て一畳ということわざがあります。

このことわざの意味は、

人は必要以上の富貴を望むべきではなく、満足することが大切であるという教え。

どんなに大きな家に住んでいようと、人一人が占める場所は、起きているときは半畳、寝るときは一畳あれば充分足ります。

これと同じように、『足るを知る』という言葉もあります。

  • みんながやっているから
  • みんなと同じじゃないといけない

とか、そういうのはあまり気にせずやっていこうと思います。

 

雑感

こうやってみてみると、いかに我が家が狭いのかを痛感させられました。

でも、引っ越す予定も、家を買う予定もなく、もう少しここで暮らそうと思っています。

 

できるだけ、大きな家具は置かず、モノを少なく、扉を開けて狭さを少しでも解消しつつ。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

2DKの賃貸

Posted by hana