安くておいしいと評判の澤井珈琲でコーヒー豆を買ってみた

2018年11月11日

ドリップ珈琲を入れてゆったりとした午後を過ごすのは、心休まる時間です。ドリップ珈琲を入れるとキッチンに珈琲のいい香りが充満します。

今日は、安くておいしいと評判の通販の澤井珈琲で送料無料で500円ポッキリだったブレンド珈琲を買ってみました。

澤井珈琲のブレンド珈琲

澤井珈琲

澤井珈琲は創業32年。楽天市場の「水・ソフトドリンクジャンル大賞ダブルイヤー賞」を受賞していて、とても人気があるショップです。

以前に1度注文したことがあるのですが、たっぷりと入って価格帯が安く、味もとてもおいしかったことを覚えています。

おいしい珈琲の入れ方復習

我が家はコーヒーメーカーを持っておらず、いつもペーパードリップで入れています。

ペーパードリップに必要なもの

  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • サーバー
  • ドリップポット

ペーパードリップに必要なものは上記の4つ。

珈琲サーバー

わたしのお気に入りのドリッパーはKEYUCAで購入したステンレス製のドリッパーです。ドリッパーはプラスチック製のものなどいろいろとありますが、この美しい曲線に惹かれて購入しました。

ドリッパーは3つ穴タイプのものもありますが、このドリッパーは1つ穴。

ステンレス製なので、においがつくのも気になりませんし、持ち手の部分が熱くなることを心配していましたが使ってみるとそれほど気になることもありませんでした。

P1030537-474x355

サーバーはオーソドックスにKalitaのサーバーを利用しています。主人が毎朝持って行く水筒にいれるのにちょうどいいように300mlの小さめサイズを選びました。

メモリが見やすいのがいいです。

おいしいコーヒーの入れ方

KEYUCAの珈琲ドリッパーを買ったときについてきた、おいしいコーヒーの入れ方を復習してみると

・ペーパーフィルターは、1~2人用を使用してください。
・コーヒー豆は「中挽き」がおすすめです。お好みで粉の分量、挽き具合を調整してください。(洗いとお湯の通りが早すぎ、コクやうまみが出し切れず、細かすぎると苦味や渋みが出ます。)

  1. コーヒーカップやドリッパー、サーバーをあらかじめ温めておきます。
  2. フィルターの接合部分を互い違いに折ってドリッパーにはめ、一杯(お湯120ml)あたり約10gのコーヒーの粉を、表面が平らになるように入れます。
  3. 熱湯をコーヒーの粉全体が浸る程度に少しずつ注ぎ、30~40秒ほど蒸らします。
  4. 人数分のお湯を少しずつ、粉を膨らませるように数回に分けて注いでできあがりです。

1のサーバーなどをあらかじめ温めておくのはたまにサボりますが、珈琲の粉を蒸らすのはかかしません。それから、少しずつお湯を注ぐと粉が膨らんで、珈琲を入れるこの作業はなかなか楽しい時間です。

澤井珈琲のブレンド珈琲を飲んだ感想

実店舗で購入するときはモカやブルーマウンテンを選ぶことが多いですが、このブレンド珈琲もなかなかおいしかったです。

後味がさっぱりしていて、クセがないので誰でも楽しんで毎日の珈琲タイムを楽しめます。

価格も安いので普段使いにまたリピートしようと思います。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

Posted by hana