【賃貸住宅】クローゼットのパイプハンガーが折れて修理してもらった件

2018年11月11日

先週、我が家(賃貸)のクローゼットに元々備え付けられてあったパイプハンガーが折れてしまいました。

洋服収納はこの1箇所のみだったのでついついハンガーにかけてしまったのが原因。わたしが悪いことを反省しつつ管理会社へ連絡し、来ていただきました。

管理会社の対応

一度見にきていただき、パイプハンガーが取り寄せになるのでまた再度来ていただくことに。

1週間後、パイプハンガーを取り付けて修理していただきました。

P1040695

これでやっと、部屋中に掛けていた洋服たちを収納することができます。家の中に洋服が至るところに掛けた状態だったので少しストレスに感じていたのですが、やっとスッキリします。

料金について

賃貸住まいですが、わたしの不注意なので修理代を負担しなければならないのかと思いましたが、なんと無料でやっていただきました。ありがたいことです。ありがとうございます。

パイプハンガーに掛ける服を減らした

P1040576

before

今まで服をかけすぎてハンガー同士の隙間がほとんどない状態にまでなっていました。

P1040696

after

が、今現在はこれくらいになりました。ポールハンガーにかける洋服を畳めるものはすべて畳んで収納しました。

見ていただけるとわかるようにほとんど主人の洋服なのですが、やっぱり男性物の服はスーツにしろアウターにしろ1着1着が重いですね。

重い服は両サイドに。真ん中には軽めのワイシャツをかけるようにし、掛ける服は25着程度まで減らしました。

これからは、ポールハンガーにかけすぎないように気をつけたいと思います。

まとめ

これを気に反省したことは以下の通り。

  • クローゼットのパイプハンガーには服をかけすぎないこと
  • 両サイドに重い服を、真ん中に軽い服を
  • 畳める服は極力畳む

パイプハンガーの耐荷重に気をつけながら使っていきたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

収納

Posted by hana