増える教科書やドリル 絵本を断捨離してスペースを作る

長男は中学3年生。主人から見ると捨て魔のわたしですが、中学1年から教科書などの教材はすべてとっています。

もちろん勉強に使うためです。

受験が終わってからも捨てるつもりはなく、子供が学生でいるうちは保存しておこうと思っています。

というのも、高校生以上になっても勉強で躓いたとき、振り返られるからです。

遡って調べてみると、「中学の基礎で躓いていた」なんてことが結構あります。

ということで、読まなくなった絵本を処分しスペースを確保することにしました。

絵本を断捨離

子供もだいぶ大きくなったので、絵本を手に取ることはもうありません。

確認すると、「もう捨ててもいい」と許可を得ました。

本を処分するときはブックオフの店舗を利用していましたが、本も結構重いので、前回利用したネットの買取「ネットオフ」へ依頼。

絵本とわたしの読まなくなった本を処分しました。

空いた本棚1段分に子供の学習本関係を収納しました。

P1040851

カラフルなファイルや、大きさの揃っていない教科書たちだったので、そのまま収納するのはためらいました。

そこで、我が家でいつもどこでも活躍している、無印良品のファイルボックスに入れて本棚へ収納。

少し雑音が消えました。

とにかくモノを減らす生活から、モノが循環する生活へ

こんまりさんの「片付けの魔法」を読んで、

  • モノを大量に捨てるのは人生で一度でいい
  • 捨て魔になってはいけません

と言う言葉を思い出します。

本の通りに断捨離してからは、それほど散らからない家になりました。

そして、これからは、モノが循環する暮らしへ移っていけたらと思っています。

  • 多くのものを持つよりも、お気に入りのものを少しだけ
  • 不要になったモノを家に停滞させない

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

断捨離

Posted by hana