キッチンの排水溝のふたとごみ受けをステンレスに変えたら掃除が劇的に楽になった

築30年近くになる賃貸住宅に住んでいます。

今現在のキッチンの悩みといえば、排水溝の菊割れゴムとごみ受けの掃除がしにくいこと。

元々、古い賃貸住宅では、「菊割れゴム」と「深形のプラスチックのごみ受け」が備え付けられていることが多いですが、凹凸が多いので掃除がしにくいです。

今まで使っていた菊割れゴムとごみ受け

もうかれこれ5年以上備え付けのまま使っていましたが、毎回掃除するときは憂鬱な気分になります。

P1030023

キッチンハイターで、定期的に掃除をしているのですが、

  • プラスチックのごみ受けは複雑な形で汚れが溜まりやすい
  • 菊割れゴムの裏側にも汚れが溜まりやすい

キッチンハイターを吹き付けて時間を置き、細かなところは無印良品の目地ブラシを使って磨きます。

でも、やはり形状そのものが掃除のしにくさに繋がっているんです。

なんとか、もっと楽に掃除ができて、清潔に保てないものなのかと思っていました。

本多さおりさんの「片付けたくなる部屋づくり」を参考に

それで思い出したのが、本多さおりさんの

で紹介されていた、ステンレスのふたと浅型のごみ受けに変える方法です。

本多さおりさんは、築45年2Kにご主人さんとふたり暮らしされていて、収納コンサルタントの仕事をされている方です。

狭いおうちでもスペースを上手に使って綺麗に収納されています。掃除もこまめにやってらっしゃるのでとても尊敬。収納本などはたくさんありますが、狭い空間をどうやって工夫して片づけをしたらいいかと迷ったときに「片付けたくなる部屋づくり」はとても参考になっています。

さて、その本多さおりさんがキッチンのふたとごみ受けをステンレスに変えてから、掃除が楽になったと書籍に書かれていたので、マネっこして我が家も変えてみることにしました。

ステンレスのふたと浅型のごみ受け

ネットで買ったステンレスのふたと浅型のごみ受け。

流し用ステンレス浅型ゴミカゴと流し用ステンレス排水プレート

一応、キッチンの排水溝の幅を測って購入しましたが、実際に取り付けてみるまで「サイズが違ったらどうしよう。」という不安があります。

まずは、浅型のごみ受けから。

流し用ステンレス浅型ゴミカゴ

流し用ステンレス浅型ゴミカゴ

持ち手の部分は少し浮き上がった設計になっています。

底は丸みを帯びていて、以前のプラスチックのごみ受けと比較すると凹凸がほとんどありません。これは、とても洗いやすいです。

流し用ステンレス排水プレート

流し用ステンレス排水プレート

中身が直接見えるのが嫌なので、ふたも清潔感のあるステンレス製にしました。半分開いているので、向きによっては中身が見えてしまいますが、さほど気になるほどではありません。

ステンレスのふたと浅型のごみ受けに変えてみた感想

毎日の掃除がとても楽になりました。
そして見た目もよくなりました。

P1040905

掃除の仕方は今まで通りとあまり変わりませんが、ブラシで溜ったぬめりや汚れを取る作業がなくなり、今は、スポンジで軽くこするだけで汚れが落ちてくれます。

こんなことならもっと早くに取り替えていればと思うほど。

キッチンの排水溝の掃除が今までよりも楽になって満足な買い物でした。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

掃除

Posted by hana