ガラスでできた浅漬け鉢を買いました

夏になるときゅうりの浅漬けが食べたくなるのはわたしだけでしょうか?

旬の野菜や、彩り野菜、残り物の野菜で簡単に作れる浅漬けはあると便利。

けれども、我が家の子供たちはまだお漬物を好んでは食べないので、夫婦2人分だけ、ほんの少量あれば事足ります。

そんな、ほんの少量漬けられるということで、浅漬け鉢を買いました。

P1040914

手作りガラスでできた浅漬け鉢

今回購入したのは、使い勝手とデザインにこだわったテーブルウェアやドリンクウェア、キッチン雑貨などのメーカー「KINTO」製です。

P1040916

すりガラスのような手作り感のある風合いで、さわると少しザラっとした触感で、すべりにくく、手に良くなじみます。

レトロな感じもあり、そのまま食卓に並べてもよさそうです。

KINTOの公式サイトのレシピ

公式サイトを覗いてみると、浅漬け鉢を使ったレシピが掲載されています。

浅漬けですので、お塩だけで漬けようかと思っていたのですが、定番の唐辛子や、梅肉、マスタードのマリネなど、参考になりそうなレシピが掲載されていました。

実際に使ってみた感想

夫婦2人分の、ほんの少しの量をつけられるようにと思って買った浅漬け鉢。

ですが、思ったよりも少し大きめでした。

お茶碗よりも大きく、丼よりも小さい、真ん中ぐらいのサイズです。

きゅうりを漬けるのであれば2本ちょっと入る大きさ。

もう少し小さいサイズでよかったのだけど、と思いました。

しかし、やはり、浅漬けは重しがあるのとないのとでは漬かり方が違います。

ふたの重さは480gと、小さいのに500mlのペットボトルと同じくらいの重さ。

手で触った感じもなんだか懐かしいような風合いがうれしいです。

もう少し小さめサイズなら大満足だったのですが、冷蔵庫では結構場所を取っています。

P1040918

追記

購入した後にわかったのですが、ミニサイズのミニ浅漬け鉢もあるようです。ミニサイズにすればよかったと、少し後悔しています。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

Posted by hana