はじめて粗大ごみを地方自治体で出してみた

2018年11月11日

夏のはじめに、今まで使っていた扇風機が壊れたのでプラスマイナスゼロの扇風機を買い換えました。

プラスマイナスゼロ扇風機比較

左側が壊れた扇風機。右側が新しい扇風機。

今まで粗大ごみを出すときは、断捨離にはまっていたので業者を呼んでまとめて持っていってもらっていたのですが、今回は扇風機だけなので地方自治体の粗大ごみ処分にお願いすることにしました。

でも、わたし、地方自治体の粗大ごみを捨てるのはこれがはじめてなんです。

めんどくさい、というのと、どうしたらいいのかよくわからないというので、数ヶ月間放置していましたが、やっと重い腰を上げて、扇風機を処分しました。

うちの地域の粗大ごみの処分の仕方

粗大ごみの出し方は地域によって違うので、粗大ごみを捨てる場合は各市町村にご確認ください。

ということで、住んでいる市町村のHPで粗大ごみの出し方を確認しました。

手順

  1. 粗大ごみに出せる商品なのかを確認。今回の場合、扇風機は300円。収集日は月1回
  2. ネットで粗大ごみ収集を地方自治体へ申し込む
  3. コンビニなどで粗大ごみの券を買う
  4. 粗大ごみに券を貼る
  5. 指定された日時に粗大ごみを出す

今は何でもネットで予約できるんですね。

予約の際には、住所や電話番号、ごみ収集場所のどこに置いておくのかなどを指定し、捨てる日を決めます。

また、コンビニってなんでも売っているんですね。粗大ごみの券もコンビニで売っているなんて知りませんでした。

雑感

モノを買うときは簡単ですが、捨てるのって意外と面倒なものですね

たった扇風機1つ捨てるのにも、予約して、券を買い、月1回しかない粗大ごみ収集の日を待たなければいけません。

これから、モノを買うときは捨てることも考えて買おうと思った一件でした。

 

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

断捨離

Posted by hana