生まれてはじめて靴の修理を利用してみた

2018年11月11日

わたしが普段履いている靴は、そこらへんで購入した安物なので靴を修理に出したことがありませんでした。

けれども、主人の靴はデパートで購入した数万円の品。

「靴は意外と人からよく見られているから綺麗にしておかないといけない」という先人の教えの通り、最近ようやく靴にも配慮ができるようになりました。

P1040748

けれども、2足あるビジネスシューズのうち、主人は気に入っている方ばかりを履いていきます。

「靴も毎日同じものを履くよりも、交互に履くと持ちがよくなるよ」と教えてあげるのですが、気に入った靴を毎日履いていきます。

おかげで、そのお気に入りの靴のかかとは擦り切れて、そろそろ限界。

というわけで、靴の修理を利用することにしました。

靴の修理を利用してみた

靴の修理に専門店に持って行きました。

3~4時間程度の時間がかかる、修理費用は2,500円。

数万円の靴を買い換えるのを考えると、修理してもらってまたお気に入りの靴を履いてもらえるのは安いものです。

最近は、悪くなると修理に出さずに買い換えることが増えてきましたが、昔のように、古くなっても手入れや修繕をしながら長く利用するという考え方はわたしは好きです。

磨り減ったかかとの部分は補修されて、側面から見ると修繕されたようには見えないくらいに綺麗になって帰ってきました。

裏側を見ると、磨り減った部分にゴムのような素材が貼り付けてあるのがわかります。

まぁ、裏側を見せることはほとんどないのでいいでしょう。

靴の修理を利用してみた感想

  • 意外と早くできあがる
  • 価格も安かった
  • 仕上がりは裏を見ると修繕したことがわかる程度
  • お気に入りの靴は修繕しながら使おう
  • 普段のお手入れも大切

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪