象印の炊飯器「極め炊きNP-VD10」を買いました

今まで使っていたうちの炊飯器は、マイコンで、全然おいしくお米を炊くことができませんでした。

次に炊飯器を買うときは、マイコンではなく、IH炊飯器がいいと思いながらも、まだ使えるからという理由で買い替えを控えていました。

けれども、今まで使っていた炊飯器がそろそろ寿命に近づいてきたのでやっと買い換えました。

象印の炊飯器「極め炊きNP-VD10」を購入

今回購入したのは、象印の炊飯器「極め炊きNP-VD10」です。

象印炊飯器極め炊き

超高級品の10万円以上もするような炊飯器はうちには分不相応。

けれども、マイコンだとちょっとやっぱり物足りない。

ということで選んだのは象印の極め炊きです。

デザイン的には、無印良品の炊飯器が好みだったのですが、あいにく5.5合炊きはなく3号炊きしかありません。

他の炊飯器を見てみると、確かにおしゃれな炊飯器があるのですが、価格が折り合わず。

そんなに炊飯器に思い入れもなかったので、価格.comで評判が良かった象印の炊飯器にしました。

象印の炊飯器「極め炊きNP-VD10」の付属品

象印炊飯器極め炊き

付属品でついていたのは

  • しゃもじ
  • 軽量カップ2つ(1つは無洗米用)
  • しゃもじを置くプラスチックの部品

象印炊飯器極め炊き

しゃもじは、側面にある突起に先ほどのプラスチックの部品をとりつけて立てて収納することができます。

象印炊飯器極め炊き

こういう気遣いはうれしいものですね。

これだと、別にしゃもじ置きを用意する必要がありません。けれども、見た目はそんなによくないですけどね。

象印の炊飯器「極め炊きNP-VD10」で炊いてみた感想

象印炊飯器極め炊き

以前がマイコンだったので、それと比較するとやっぱりIHの方がいいですよね。

マイコンだと少しお米がべちゃっとしてしまうのですが、IHだと米粒の1つ1つがきちんと炊き上がります。

うちの子供は少し柔らかめの炊き上がりが好きなので、少し水の量は多めにして炊いていますが、10万円を超えるような炊飯器と比較すればもちろん劣るのでしょうが、我が家では結構満足な炊き上がりでした。

釜は「黒まる厚釜」の1.7 mmとしっかりとした厚みがあります。

お米がこびりついたりせずにお手入れも楽ですし、変形したりしそうにないしっかりとした造りになっています。

象印の炊飯器「極め炊きNP-VD10」はお手入れも楽

内蓋が着脱可能なので、取り外して洗えるのはとても便利です。

以前使っていたマイコンは内蓋の取り外しができなくて、本当に不便でした。

この炊飯器なら簡単にお手入れできて便利です。

総評

あまりケーキなどを炊飯器で焼いたりしないので、お米を炊くためだけに使っています。

象印という安定したメーカーなので信頼が置けますし、お米も普通においしく炊けますし、価格もお手ごろ価格だったので満足な買い物でした。

今までマイコンだったのがIHに変わってうれしいです。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

家電

Posted by hana