楽天証券のいちにち定額プランとSBI証券のアクティブプランは料金は似ているけどここに注意!

<楽天証券のいちにち定額プランとSBI証券のアクティブプランは料金は似ているけどここに注意!>

楽天証券のいちにち定額プランとSBI証券のアクティブプランは、ともに1日の約定金額で手数料が決まります。

10万円以下なら無料!

これはクオカードの少額クロスをするときに便利そうですね。せこい話ですが、1日10万円未満の株の売買に抑えて注文を入れると、手数料がかかりません。

ただし、楽天証券のいちにち定額プラントSBI証券のアクティブプランの料金は同じなのですが、注意しなければいけない点があります。

それは、

楽天証券は、1日の約定金額は、現物と信用取引の合計額で手数料が決まる。

SBI証券は、1日の約定金額は、現物と信用取引は合算されず、別々で手数料が決まる。

例えば、1株700円×100株=70,000円の株をクロス取引する場合

楽天証券だと、現物と信用取引の合計額となるので14万円の取引となるので手数料は無料にはなりません。

SBI証券だと、現物7万円で10万円以下、信用7万円で10万円以下と別々になるので手数料が無料となります。

ただし、10万円以下でクロスできる銘柄の数は、楽天証券の方が多いので、どちらを選ぶかは迷うところです。

手数料の料金プラン変更は、当日申し込み翌営業日反映なので、切り替えながら使ってもいいかもしれません。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

優待生活

Posted by hana