株主優待クロス取引を使った優待取りの実績[2019年]

2019年5月24日

普通、株主優待を受けるためには権利付き最終日に株を所有します。

しかし、下落相場やその株に魅力がないので所有はしたくないけれど、株主優待だけは欲しいというときに、信用取引を使ったクロス取引(つなぎ売り)という手法があります。

つなぎ売りとは、信用取引で売り、現物買いを同時に行うことで価格変動リスクを避けながら株主優待を取得することができる手法です。

信用取引は逆日歩のかかる制度信用と、逆日歩のかからない一般信用取引がありますが、わたしは初心者なので逆日歩のかからない一般信用取引をメインに使ってつなぎ売りをしています。

このページでは、株主優待クロス取引を使った優待取りの実績を備忘録として残します。

2019年 株主優待クロス取引実績

1月

1月の一般信用で取得できる株主優待は

積水ハウス(1928)1,000株以上 コシヒカリ5kg
モロゾフ(2217)100株以上 20%割引券1冊他
ダイドーグループホールディングス(2590)100株以上3,000円相当の自社製品
稲葉製作所(3421)1,000株以上1,000円相当の図書カード
東京ドーム(9681)500株以上東京ドーム株主優待チケット他

などがあります。

ちなみに去年は、ドクターシーラボで有名な シーズ・ホールディングス (4924)を取ったのですが、今年はJ&Jに買収されるので優待廃止となりました。

ドクターシーラボの化粧水とオールインワンゲルはとても使い心地がよかったので残念です。

ということで、これといって特に欲しい優待がなかったので1月はスルー。

株主優待のつなぎ売りは手数料がかかるので、今年は少し選びながらやっていこうと思います。

2月

2685 アダストリア 200株
8905 イオンモール 100株
3048 ビックカメラ 100株
8267 イオン 100株

アダストリアはグローバルワークなどを展開している会社で100株で3,000円分の商品券、200株で5,000円分の商品券がもらえます。

グローバルワークでトップスが欲しいので200株クロスしました。

イオン、イオンモール、ビックカメラは去年も取得してよかったのでまた今年も取得しました。

最近、つなぎ売りも広く知られてきて、競争率が高くなってきましたね。以前はSBI証券の5日信用を利用していましたが、SBI証券の短期信用取引が15日に変更されたので、優待取りの手数料もかさみがちとなっています。

GMOインターネット系列の株主優待を利用するとGMO証券の手数料がキャッシュバックされる優待があるので、優待が届いたらGMO証券をメインで優待取りしていきたいと思っています。

3月

7550 ゼンショーホールディングス 300株
5976 高周波熱錬 100株
6407 CKD 100株
9831 ヤマダ電機 100株
8818 京阪神ビルディング 100株
9405 朝日放送グループホールディングス 100株

3月は優待が取れる銘柄がたくさんあるので、余り物でいいかなと、SBI証券で権利月最終日の4日営業前にクロスしました。

ゼンショーホールディングスを500株にしようかとも思ったのですが、現金が足りず、、、汗

手持ち現金が少ないと優待クロスもたいしていいのが取れませんね。

4月

4月は欲しい優待がなかったのでスルー。

5月

3201 日本毛織 1000株

GMOクリック証券の株主優待が届いて手続きをしたので、GMOクリック証券でクロス取引。GMOクリック証券の一般信用は1名義で取れる上限が銘柄ごとに設定されていたりして、大量にクロスをする人には使いにくいみたいですが、わたしのように少しだけ優待クロスする人には便利な証券会社です。

GMOインターネット系列の株を持っていると、株主優待でGMOクリック証券の手数料が後日キャッシュバックされるので、どんどん利用していきたいです。

↓ブログランキングに参加しています。記事が何かの参考になりましたらポチっと下のバナーをクリックしていただけると励みになります♪

美容

Posted by hana